気が済むまで好きでいるけど

あんまり気にしないで

勢いは西から 愛は大西から

 



 

 西流星

 

私はこの人を担当にすることにしました。

 

いや!だってさ!大西流星くんってすごいからさ!すごすぎて!!!天才だから!!(冒頭から滲み出る語彙力のなさ)

 

はじめに神は大西流星を創造された - 気が済むまで好きでいるけど

 

こんなブログを書いておいて無責任にも私は流星くんの担当ではなかった。それは流星くんの落ち度ではもちろん全くなくて私自身が「担当を2人もつ」ということに抵抗があったからだ。

 

ジャニヲタ的物心がついた時から自担である二宮くんの他に担当をつくるということが、言葉を選ばずに言うならば浮気のような、そんな感覚があって。もちろん、本人たちはそんなこと全く思ってないのに勝手に引け目を感じていた。だから私は今加入している情報局含む4つのFCのメンバーの中で自担として応援していたのは二宮くんだけだった。

 

小学生のとき、周りから影響されるような形で応援しはじめた二宮くんは何だかんだ私の人生の大切な局面で精神的にとなりにいてくれた気がしてるし(Ex.大学受験の時に母と暮せばの新聞広告切り抜きを持参して周りの人に引かれる)(浩二くん強火)、人格形成の大切な時期に二宮くんの哲学的かつ超人的(?)ラジオを聞きまくっていたおかげで私の性格も多少の影響を受けた。多分、私の中の7%くらいは二宮くんと嵐でできている。

 

そんな嵐一色だった私の人生に強烈に優れた顔面と掴み所のない性格を持って現れたのが伊野尾慧くんだった。伊野尾くんはとんでもなくかっこよくてかわいかった。嵐以外にもこんな素敵なアイドルがいるんだ、と私の視野を広げてくれたのは紛れもない9人の天使たちだったのです。

 

そんな遍歴を経て、出会ったのが大西流星くん


f:id:mercibeaucoup6:20171001120614j:image

 

控えめに言ってお顔が大天使

 

その頃趣味でも大学のことでも疲れきっていた私は癒しを求めてジュニア狩りをしていたのだが、その中でも一際キラキラ輝くアイドルを見つけた。この子だ、と思った。本当に好きな人を見つけたときって、ビビっと感覚的にクるよね。

(ちなみに二宮くん→西畑くん→流星くんの順番で知った。)

 

ほとんどジュニアを知らなかった私でもそのころ「ジャニアイ」なるものを帝国劇場でやっていることを知っていた。ジャニーズJr.をメインに?佐藤勝利くんも出てる?時々デビューも来てくれる??とかまぁそんな上部だけの情報。

ここで私は衝撃の事実に気づく。

 

大西流星くんは帝劇にいない

 

??

流星くんは何してるんじゃい??

 

関西ジャニーズJr.のX'mas Show

 

Q.それはどこでやってるの??

A.大阪松竹座

 

 そう、流星くんには大阪に行かないと会えない…ということを知らなかった。(本当に全然知らなくてごめんなさい!石投げないで!!)

 

 

 クリパのチケットがない私は敢えなく断念。東西SHOW合戦も申し込んでなかったどころか情報局にも入っていなかったため撃沈。こんなパッシブな私がJr.の現場に行くようになったのは2017年になってからだ。

 

【2017年1月】

まぁ2500円だし入っとくかみたいな軽い気持ちでローソンでPay-easyする。(Pay-easy簡単すぎて怖い…)

 

【2017年2月】

 少年収ではじめて流星くんを見る。

かっこいいの極み…(語彙力)

 

 

 

ライトなオタクしてるなぁー私(遠い目)。

 

【2017年4月】

4/16  ジャニーズ大運動会@東京ドーム

伊野尾くんも出るしマリちゃんも出るしと思って行った運動会。

 

関西ジャニーズJr. 大西流星のアナウンスが聞こえたとき、まさかと思った。

 

あの広い東京ドーム、双眼鏡で追ってたのはずっと流星くんだった。流星くんがいる。流星くんが東京ドームに立ってる。その光景だけで胸がいっぱいだった。

 

この辺りから真剣に流星くんについて考え始める。

 お!だんだん重くなってきたぞ~~!!!

 

【2017年5月・6月】 

流星くんごとは何もなかったけど、流星くんに思いを馳せる。この時期とにかく当落が多い。

 

(覚悟しとけよ…両方入るからな…)

少年たち発表&当落(全落を期す)(その後ご縁に恵まれた)。

関係各所の皆さんにおかれましては本当にありがとうございました!

 

【2017年7月】

この世の真理に気づく

 

【2017年8月7日(大西流星誕生日)】

とうとう関西ジャニーズJr.の聖地、松竹座へ行く。

新幹線の中で人生で初めてのファンレターを書いた。初一人遠征。ちょっと不安だけど久しぶりの流星くんへの楽しみが大きくいろんな感情が渦巻いた。



 

この日大阪に台風が来てて、ミヤネ屋の取材もあった。雨と風がすごかった。初松竹で台風。どうやらいつも出ている看板も出ていなかったらしく、松竹座マスターの方が「こんな松竹座レア」と呟いてらっしゃるのを見て「さすが大西流星…」と思った。(?)

 

...........2017.8.7 開演/17:30

 

 

 

 

公演が始まって終わった。

本編終了後、流星くんのお誕生日をお祝いするためのケーキが出てきた。西畑くんが号泣してた。

流星くんは涙ながらにこう言い放った。

すごい関西Jr.が大好きなんですよ。ファンのみなさんも家族みたいに、1000人も集まってくれて。だから関西Jr.をもっと大きな存在にしていきたい。みんなで育てていきたい。

  

 

はぁ。

 

 

この人が好きだ。ダンスが上手くて、かわいくって、ぶりっ子で、かっこよくて、大喜利が上手くて、カメラアピールが神レベルで、16歳なのに強くて、誰よりもアイドルしてくれて、幸せそうで、周りの人に感謝することができて、決して天狗にならずに、先輩と後輩の橋渡しをする、そして何よりまず始めに関西Jr.の名前が出てくる流星くんが好きだ大好きだ。

 

この人たちが大好きだ。大阪松竹座をホームに持ちながら全国へ飛び立つ野望を持ち、悔しいことを悔しいと言い、仲間でありライバルという関係性で、一年に一回の少クラin大阪にすべてを注いでいる、大きな家族みたいな関西Jr.と関西担が大好きだ。

ぼやっと好きだったものの輪郭がはっきり見えた。

 

流星くんが育てていこうと言った関西Jr.を私も育てていきたい。その中の一員に入れてほしい。

 

溢れそうなほど重すぎる感情で、気がついたときには私も泣いていた。

 

 

ジャニーズJr.を応援するということはやっぱりそれなりの覚悟が必要だ。辞めても【大切なお知らせ】はない。この舞台が彼の引退公演かもしれない。それでも、そんな賭けに出ても、流星くんを応援しないという選択肢がもう私の中にはなかった。

 

もう逃げるのはやめよう。しっかり流星くんと向き合って、これから来るどんな嬉しいことも悔しいことも受け入れたい。流星くんが「最高の担当になれるように」と言うなら、まず私が流星担を名乗らなくてはいけない。アイドルという職業に、デビューという夢に真っ正面から向かってきてくれる流星くんを応援するんだから、私も流星くんに真っ正面から向き合いたい。この世界に身を置くことを覚悟した流星くんのように、私も覚悟しなくちゃいけない。

 

家の鍵を閉めたか3回も確認してしまうような心配性の私が、不安定な立場の流星くんを応援するのは勇気がいるけど。でも、なんかほとんど本能的に、流星くんなら大丈夫だと確信した。流星くんは絶対に売れる。売れてくれないと困る。

 

帰りの新幹線で、これから多分何回も松竹座に通うんだなと思った。有楽町は定期圏内だけど、私はそれでも新幹線に乗って松竹座に来るんだなと、もう人の少ない東海道新幹線に乗りながらふと思った。

 

 

先週、夏休みが終わった。

10月からの新学期、私は新しい気持ちで流星くんに向き合う。やっと清々しい気持ちで流星担を名乗れる。担当を名乗ることは重い決断だし、だから2人も担当をつくろうとは思わなかった。

 

でも、真剣に向き合うことを決めたから。いつもよりちょっと遠回りして流星くんと見る新しい景色を見つけにいくから。だから今日から

 

私は大西流星担です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸:大西流星くんへ

今日から流星くんの担当になりました。ごめんね、重いよね。会うたびに最高を更新する流星くんが私は大好きです。素敵なお友達がいっぱいできたり、去年の夏休み丸々一週間家から出なかった私がアウトドアになったり、どれもこれも流星くんのおかげです。ありがとうございます。流星くんがアイドルとして生きているだけで、私にとってあなたが既に「最高の担当」です。

どうぞこれからもよろしくね。